新田佳浩の事故原因は?平昌パラリンピック金メダル獲得までの成績他

   


平昌冬季パラリンピックでノルディック距離スキー男子10キロ・クロシカルで新田佳浩選手が金メダルを獲得しましたね~。

平昌オリンピックに続き、日本勢が大活躍してます。

そんな新田選手ですが年齢は37歳。オリンピック出場選手の中では、年齢的に上の方だと思います。

37歳でこれだけハードな種目で優勝できるなんて、ほんとにスゴイですよね。

そこで、今回は新田佳浩選手についてみていきたい思います。

 

Sponsored Link

新田佳浩選手のプロフィール(生年月日、出身地、過去の成績)

名前:新田佳浩(にった よしひろ)

生年月日:1980年6月8日

出身地:岡山県

趣味:読書、筋トレ

新田選手の競技歴ですが、1998年の長野パラリンピックから競技を開始し、2002年のソルトレークパラリンピック大会ではクロスカントリー㎞に出場し銅メダルを獲得します。その後2003年に開催された世界選手権ドイツ大会の20㎞に出場し、今度は金メダルを獲得します。

その後2006年トリノパラリンピックではクロスカントリー20㎞に出場し5位入賞を手にします。トリノオリンピックでは旗手を務めました。旗手と言えば、平昌オリンピック閉会式の際の日本代表旗手は、スピードスケート女子500M金メダリストの小平奈緒選手が務めましたね~。小平選手の微笑ましい旗手がとても印象的で、テレビ越しに見ている方もとても和んだ記憶があります。平昌オリンピックでは、本当に女子の活躍が凄かったですね~。高木姉妹カーリング女子、そして旗手の小平奈緒選手など。 新田選手ですが、その後2007年ワールドカップのカナダ大会でクロスカントリーに久々に出場します。なんと4年ぶりです。ですが優勝までしてしまうのです。スゴイポテンシャルの持ち主ですね。

2010年のバンクーバーパラリンピックではクロスカントリ2種目で金メダルを獲得し、また日本選手団の主将を務めました。

2012年ワールドカップアメリカ大会では、クロスカントリーロングクラシカルの20㎞に出場し、優勝します。その後の2014年にはソチパラリンピックでは同競技で4位入賞となります。

2017年に入ってからは、ワールドカップ韓国大会に出場し、クロスカントリー・ミドル・クラシカルで優勝をします。

そして本大会の平昌パラリンピックのスキー男子10キロ・クロシカルで金メダルを獲得します。今までいろいろなスポーツ選手の戦歴を見てきましたが、新田選手ってほんとうにスゴイ選手なんだと改めたわかりました。しかも、2002年のソルトレークの銅メダル獲得以来常に上位の成績を残し続けています。スキージャンプの葛西選手と同様に新田選手もレジェンドの名に相応しいですね!

新田佳浩選手 平昌パラリンピック 金メダル 腕切断

パラリンピック選手となった腕切断事故の原因は

パラリンピックやワールドカップで常勝の新田選手ですが、腕を過去に切断してしまう事故に見舞われています。それは3歳の頃、祖父が運転する農耕機に片腕を巻き込まれてしまい左腕を切断してしまったのです。

そのような大けがを負った新田選手ですが、4歳からスキーを始め、現在のクロスカントリーは小学3年から練習をしたようです。スポーツ選手で有名選手になる人って、みなさん小さい頃からそのスポーツをやってますよね。同じウィンタースポーツであれば高梨沙羅選手ですね。高梨選手も小さいときから、スキージャンプの練習をしてましたね。

新田佳浩選手は大けがの原因をつくってしまったおじいちゃんに元気な姿を見せようと猛練習したとコメントしてます。その結果もあって連続でパラリンピックにも出場し、しかも好成績を残し続けることが出来てます。ただ単に強くなりたいだけのマインドより他の誰かのために頑張る方が、絶対モチベーション維持出来て頑張れますよね~。新田選手の場合は、おじいちゃんだったようです。

 

Sponsored Link

平昌パラリンピック金メダル獲得した新田佳浩選手のまとめ

今回は平昌パラリンピックで金メダルを獲得した新田佳浩選手についてみてきました。クロスカントリー壮行会にて「レースが終わった後は化石になりたい」とのコメントを残し、本大会にかける熱い思いを語ってくれました。見事有言実行の金メダルです。

今回の大会では、アルペンスキー女子大回転(座位)の村岡桃佳選手、スノーボード男子バングドスラローム(下肢障害L2)の成田緑夢選手に続く3個目の金メダルです。

選手のことを調べれば調べほど、感動するエピソードを知ることが出来ます。大会での競技で一生懸命戦っている姿には当然感動すます。

ですが、その裏にある隠された話にはさらに感動させられますね。

今回は、平昌パラリンピックで日本勢3個目の金メダルを獲得した新田佳浩選手について書いてみました。

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

Sponsored Link

 

 - スポーツ