口内炎の原因や薬での治し方を紹介!予防法にはこの2つを実践すべし

   


口内炎って痛いですよね~。

口内炎って、他人からわかないので本人ってかなりつらいですよね。

特に柑橘系のものなど食べたら、ズキって感じでかなり痛いです。

そもそも口内炎って何が原因なのでしょう?

また、治し方ってどんなのがいいのでしょう?

そこで、今回は、つらい口内炎について原因や薬で治し方、また予防法などを書いていきますね!

Sponsored Link

口内炎って何?

そもそも口内炎って何なのでしょう?

口に痛い箇所があって、舌で触ったりしたら、ズキーンってきますよね。

夏汗が止まらない人必見…試してほしい効果的な対策5選はコレだ!

どうやら、

口に中の粘膜(歯肉、頬の内側、唇、舌など)に起こる炎症を総称しているのが「口内炎」とのことです。

そんな口内炎にも種類があって、

細菌性ウイルス性アフタ性アレルギー性などがあるそうで、その種類によって症状も違うそうです。

確かに、口内炎出来ても、痛みとか違う時ありますよね。

口内炎 原因 予防 治療法

口内炎の原因は?

いつの間にか出来ている口内炎ですが、いったい原因って何なのでしょう?

これだ!と言う原因はないようですが、口の中のトラブルと、体全体の問題や健康状態が大きく影響しているそうです。

確かに、残業続きで寝不足になったり、風邪などひいたりすると、いつの間にか口内炎が出来てますもんね。

ひどい時なんて、2か所出来ていたりしますよね。

それでは、具体的に見てみましょう!

やけどや機械的な損傷が原因・・・噛んで出来た傷、歯並びが悪く口腔内に粘膜に当たってしまうケース、入歯が合わないなど

体全身の健康状態に低下・・・内科的な病気、過労や病気などによる体力低下

口腔内の衛生問題・・・うがいや歯磨きが出来ない

以上のような原因によって、痛い口内炎が出来ているものと考えられてます。

Sponsored Link

口内炎の治し方や予防法は?

痛い口内炎ですが、みなさんもわかっていると思いますけど、大体1~1週間もすればいつの間にか治ってますよね。

口内炎っていつの間にか出来て、いつの間にか治っている印象ないです?

自然治癒する方も多いですよね。

でも痛みがひどいときは、専門の先生に診てもらってください。

ステロイド軟膏や痛い幹部を保護するシールなど処方してくれます。

先生に診てもらうのはいいのですが、そもそも口内炎にならないのが一番ですよね。

そこで、口内炎にならないようにする予防法2つですが、

体調を整えて、健康に注意をする・・・食事はバランスを考え、特にビタミンを多く含む食材を食べましょう。夏野菜などいいです。また睡眠を十分にとってオーバーワークを避けましょう。それ以外には、水分摂取も重要です。

口腔内を傷つけないようにする・・・歯ブラシで傷ができやすいので、硬さには注意。入れ歯も合わない場合は、傷がつきます。調整しましょう。また、口腔内を清潔に保つよう心掛けましょう。

今回、痛い口腔内について書いてみましたが、いかがでしたでしょうか。

予防を口内炎にならないようにしましょう。

もし口内炎になってしまった場合は、先生に診てもらえば、痛くて我慢しなければならない時間も減ります。

口内炎が出来たら、最近の生活サイクルの見直しが必要だというサインです。

人が昆虫を食べても平気なの?安全に食べる調理方法や危険な昆虫とは

今日は、ここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

Sponsored Link

 - エンタメ