節分で鬼退治の時に豆を投げるのは何故か?由来や意味や豆まきのやり方を調べた

   


2月3日は節分です。我が家も毎年、鬼退治のため豆まきをしますが、あなたはなぜ豆まきをするのかご存知ですか?

節分の時になんとなく豆まきをしてましたけど、それには大切な役割や意味が存在します。

今回は、節分の豆まきについて調べました。

Sponsored Link

節分の由来や意味

そもそも「節分」とは、立春の前日を指すことが多いようです。しかし、実際は節分ってその日だけでないのです。

節分の意味とは「季節の移り変わりの目安となる日」のことを指しますね。季節の変わり目である「立春・立夏・立秋・立冬」の前日を指すのです。ところが、旧暦では立春が年のはじまりにあたることから、いつのころか定かでないのですが、節分と言えば、立春の前日をさすようになりました。立春を新しい年「新年」と考えると、節分はその年の最終日「大晦日」となり、特別な意味をもつようにいつしかなったと考えられます。

節分とは、「季節の移り変わりの目安となる日」のことを指ます。

農作業の際には、四季の移り変わりを正しく判断することはとても大切です。その助けとなるのが「雑節」となります。

「雑節」とは、季節の移り変わりの目安となる日」のことです。そうなのです、節分は雑節のうちの一つなのです。

節分=雑節のひとつ

節分、鬼退治、豆まき

節分の日の正しい豆まきのやり方

節分の豆は炒ったものをつかう

節分は、旧年の厄を負う払うものです。ですので豆まきの際にまいた豆から発芽などしたら縁起でもない。そのために、芽が出ないようにする意味も含め、炒った豆を使用するのです。

ちなみに、節分用としてスーパー、コンビニで販売されているものは大豆を炒ったものが大半です。

夜に豆をまく

夜間鬼がくるので豆は夜にまきます。
そして、豆をまく人ですが、その家の家長、いわゆる一家の主の仕事となります。

Sponsored Link

節分で鬼退治の時に豆を投げる理由

節分にが来るのは、陰陽道の鬼門の関係してます。古く平安時代以前から鬼門には気をつけるよう言われており、節分の際に鬼がくると言い伝えられてきたようです。宇多天皇時代に、京都の鞍馬山に鬼が出て来て、都を荒らされたのが、鬼退治のはじまりとの説もあり、鞍馬山の鬼の目めがけてなげるように言い残したいう説もあります。

鬼退治に使われる大豆は強い生命力があります。中国では、そのように生命力が強いで大豆をまじないで使っていたようです。その中国のまじないの影響を受け、日本でも鬼退治の道具として使われるようになったとの説もあります。

また豆をなげることによって、魔物を滅する「摩滅(まめ)」ことができるという説もあります。

諸説あるようです。

最後に

今までなんとなく豆まきをしてきました。豆まきの詳しいことってわからないことが多いですよね。
私も知りませんでした~。
もうすぐ節分です。
意味を多少なりとも知るといつもと違った節分が送れると思います。

正しいやり方で節分を行い、健康で幸せいっぱいの一年を送りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Sponsored Link

 

 - エンタメ