40代転職の現実は妥協が正解?失敗・成功は紙一重!リアルを暴露!

   


転職と聞いてみなさん、どう思われまか?

以前日本では当然であった終身雇用が崩壊し、現在は一生同じ会社に勤めるってことはあまり考えにくくなったような傾向がありますよね。

実際のところ現在転職経験者もかなり増え、またまだ転職したことのない人の中でも転職を検討している人がかなりいます。

これからの時代って、きっと転職が当たり前になるのでしょうね。

実際筆者も転職組ですし、新卒で入社した中の良かった同期もみな転職をしてます。

そこで、今回は、転職について、しかも40代の転職事情について、私見を述べていきたいと思います。

今回はあくまで、私見ですので、参考にされるかの判断は読者の方におまかせします。

それでは、さっそくみていきましょう。

Sponsored Link

40代転職の現実は妥協が正解?

かなり考えさせられる見出しになってしまってます。

妥協

です。

これって、転職を検討する際には妥協を余儀なくされるってことを意味するものです。

あくまで、私見ですので、この妥協案とは違った意見をお持ちの方も多数いらっしゃると思います。

そては十分承知しております・・・。

今回の40代転職についての『妥協』ですが、

みなさん40代で転職する方の理由ってなんだかわかりますか?

この記事をご覧になっている方が40代なら、「そんなことわかっている!」って声が聞こえてきそうです。

・収入をあげたい

・今の職場でのやりがいが見いだせない

・職場の人間関係に疲れた

・やりたい職業に移りたかった

などなど理由はたくさんあると思います。

そこで、実際に転職活動を開始されるわけですが、

まーとにかく、売り手市場と言われている現在において、40代でもかなりの格差があるようです。

・書類審査も通らない

・筆記で落ちた

・役員面接を受けて落ちた

などなど、20代30代であれば受かってもおかしくないのに40代は難しいのです。

そんなことをしばらく続けていると、もともとの転職したい理由がぶれてしまうんです。

どうなるかと言うと、

とにかく内定をもらいたい・・・

ってなるんです。

何社も何社も断られ続けたら、そうもなりますよね。

転職の目的が、現在の改善と言うより、内定に変わってしまうんです。

では、その結果どうなるかと言いますと、

当初描いていた転職先の条件とは違う企業へ転職することになってしまう

ことが往々にして起こってしまうのです。

そして転職後、しばらくすると、「あれ?なんで、この会社?この仕事?あってないじゃん」ってなってしまうんです。

肝心なことは、企業からの内定でなく、転職を考えた理由です。

ここがぶれてしまうと、当初とは違った企業への転職となってしまう可能性が高くなると思います。

ですので、今回『妥協』という言葉を使ってますが、安易な妥協は転職の際には失敗の可能性が高くなってしまいます。

40代,転職

40代転職の失敗・成功は紙一重!

今度は、40代の転職の失敗・成功についてです。

これってかなり考え方で失敗か成功かって違ってくると思います。

ただ個人的には、やはり当初の転職しようと考えたことががクリアされていえば成功ってことになるのではないでしょうか?

と考えます。

先ほどから述べてますけど、転職活動が長期化すればするほど、当初の目的がわからなくなってきます

そうなるとかなりの確率で安易な転職をしてしまいます。

結果、失敗ってことになってしまいます。

でも、この感覚って、紙一重なんですよね。

長期化する中で、本人の転職理由が別の理由に変わる事も十分あります。

その理由にしっかり答えが出せる転職であれば、成功ってことになるのではないでしょうか!

事実、もともと営業だった方が事務の仕事で内定をもらい、安定を求めていたってことに転職中に気づいた方で現に安定した生活を送っていたら、成功者になりますよね。

Sponsored Link

40代転職のまとめ

今回、40代の転職について私見を述べさせていただきました。

転職が当たり前の時代になってますが、そもそもの転職理由を見失ってしまう可能性があります。

これから転職をされる方は、

・なぜ転職するのか

・転職先に何を求めているのか

を明確にして活動された方がいいと思います。

今回は、ここまでとさせていただきます。

今日も私の記事を最後までご覧いただきありがとうございました。

また別の記事でお会いしましょう。

それでは~。

Sponsored Link

 - エンタメ 40代, リアル, 失敗, 妥協, 成功, 暴露, 正解, 現実, 紙一重, 転職