なぜ超回復を無視してトレーニングすると効果が出ないのか?


ぼくが筋トレをはじめたのは、高校生の時であった。 当時、シルベスター・スタローンがすごい人気で「ロッキー」シリーズや「ランボー」シリーズ、またアーノルド・シュワルツェネッガーも同じくらいの人気で「ターミネーター」もシリーズ化されていて、ぼくのまわりの友人もみんな好きであった。多分女の子でも好きな人はいたんじゃないかな。って思うくらい人気。

そんなこんなで、「あんな体になれたいいなぁー」って動機で、筋トレをはじめた。準備したものは、鉄アレイ、エキスパンダー(懐かしいが気を付けて使わないと自分の肉を挟んでしまう代物)、それと当時はやった、ブルーワーカー(これもかなり懐かしい代物でたしか少年漫画のうしろの通信販売の欄に必ず紹介されていた)。一応これが僕が当時用意した、最重要筋トレ3点セット♪

それと、当時は情報はすべてペーパーだったので、筋トレ用でボディビルの月刊誌を購入し、プロボディビルダーのエクササイズをまねたりしました。


筋トレ場所は、自分の部屋。まず、軽く柔軟体操をし、腕立て伏せ、腹筋、スクワット、それが終了すると3点セットを使ったエクササイズを行う。最初のきつさも数週間もすれば、なんてこともなくなり、1か月も継続的に行えば、かなり負荷をかけても問題ないくらいまで仕上がった。あとは、高校のトレーニング室でも気が向けば、やっていました。

ただ、筋肉痛などはすぐに出ないようになったんですが、たいして目に見えるほどの筋肉がつかない。 そうなんですね。今は常識である筋肉の「超回復」を完全に無視してトレーニングをしていたのです。今はぼくも気にしてトレーニングしてますが、筋肉には超回復というものが存在し、筋トレ後48~72時間、筋肉を休めることによって、以前の状態より筋肉が回復する力をつかって、筋肉量を増やすのです。それを全く無視し、毎日同じ内容の筋トレをしていたのです。

かなりの細マッチョ用の運動ですよ。高校生なんてもともと細いので、筋トレして細マッチョなんて目指さいですよ。
ぼくがなりたかったのは、細マッチョじゃなくて、ランボーやターミネーターです。ブルースリーくらいの細マッチョじゃないんです。(ブルースリーもかなりの筋肉美ですけどね・・・)

今は、プロテインを買えるので飲んでますけど、当時は高校生、高校生のお小遣いでは全然足りません。なので、ひたすら筋トレです。


月間誌をよく読んだら、超回復のこと書いてあったかもしれません。でも、当時は「この人の腕の筋肉すごいなぁー」「胸の筋肉すごいなぁー」って写真ばかり見ていて、記事なんて読んでませんでした。しっかり読んでいたら、後悔しなかったですね。かなり、筋トレしたので、恐らく、いやきっと、いまで言うところのゴリマッチョになれていたかもしれません。

今、ちゃんと休みを入れて(超回復)ペースを守って筋トレしてます。なので着実についてきてます。目指せ、ゴリマッチョ♪

超回復は大事です。みなさんも是非超回復を意識してみてください。超回復の考えを取り入れないで、むやみに筋トレを行っても全くと言っていいほど効果は出ません。(2日に1日や毎日部位を変えてトレーニングなどの方法あります。)