貴乃花親方のファッションで自律神経は改善されるのか…症状や原因について


貴乃花親方がこれまで語らなかった心中を告白しましたね。

あの賛否両論わかれたマフラーについて言及されたときに「自立神経がいかれてしまいまして」と答えました。

そこで今回は、自立神経と貴乃花親方のファッションとなったマフラーについて調べたいと思います。


貴乃花親方のマフラーをする理由とは

日馬富士の愛弟子への暴行事件では、口を閉ざしままあり、被害者側であるにもかかわらずバッシングを浴びせられてきました。そしてその態度と同じくらい世間の興味を引いたのが親方のファッションです。

今まで、それほど貴乃花親方のファッションを気にする方はあまりいなかったと思いますが、でもあの大きなマフラーにサングラス。気にならない人がいないくらいなファッションですよね~。

貴乃花親方は、激白の番組の中で山本信也監督から、マフラーについて言及された際に「自立神経がいかれてしまいまして」と答えました。

ちなみに、マフラーは自律神経のためで、あのサングラスは親方のファッションのようですね。

貴乃花親方、ファッション、マフラー、自立神経、サングラス

貴乃花親方の自律神経がおかしくなってしまった理由

貴乃花親方がいうには、現役時代の猛稽古でいかれたと答えてます。協会に出勤する際には前理事長(故・北の湖親方)に許可をとったとのことです。喉が苦しい感じがしたのでマフラーを巻いたとのことです。喉が苦しからマフラーとは、少し意味不明ですが。

ちなみに、現在は貴乃花親方は30本ほどのマフラーをもっているようです。

自立神経改善のために巻いていたとは、なんとも不思議な感じです。


貴乃花親方ファッションのマフラーで自立神経は改善されるのか、具体的な症状とは

そもそも自律神経とは

心の動きの調整・発汗を促して体温を調整・血管を広げたり、収縮させたりして血圧や体温を調整・胃腸の働きを調整

などがあります。

自立神経が乱れるのはストレスの影響が大きいようですね。貴乃花親方の現役時代の猛稽古は相当なもので、かなりのストレスを抱えながらの日々を送っていたのは想像つきます。自立神経がおかしくなるのもわかる気がします。

そこでマフラーで首を温めると

首にこりや痛みあるなどの不調があると、そのストレスの影響で自立神経の働きが低下するようです。そもそも自立神経は、胃や腸などの消化器系の働きと大きく関係しているので、低下すると内臓の働きが悪くなるようです。

それをカバーするには、首などを温めると有効のようです。貴乃花親方の自律神経のおかしさ「喉が苦しい感じ」がどのようにおかしいのかはわかりませんが、首を温めることは自律神経には良いのは確かのようです。

貴乃花親方のトレードマークとなった、あのマフラーですが、しっかり首を温めればそれなりの効果があるようです。

最後までお読みいただきありがとうございます。