成田緑夢の事故の原因は?平昌パラリンピック出場までの戦績や経歴


平昌冬季パラリンピックで男子スノーボードクロスLL2(下肢障害)が開催され、成田緑夢選手がやってくれました!

今大会の日本勢のメダルは4つ目となりましたね。

そこで今回は、平昌パラリンピックで銅メダルを獲得した成田緑夢選手についてみていきたいと思います。

成田童夢を兄にもつイケメン成田緑夢選手のプロフィール・経歴

名前:成田緑夢(なりた ぐりむ)
生年月日:1994年2月1日
出身地:大阪
身長:173㎝
体重:63㎏
所属:近畿医療学園 

近畿医療学園と聞いて、平昌オリンピックスピードスケートの小平奈緒選手を思い出しました。小平選手は相沢病院に勤務していますけど、相沢病院の相沢会長の好意によって、海外遠征費や留学費用そして給与まで出してもらっているようなんですね。確かに、海外遠征などを行えば莫大な費用がかかりますからね~。小平選手は大学卒業の際、スポンサーを自ら探すくらい、かなりの行動力のある人のようです。精神力も強いんでしょう。だからこそ、あれだけのレースをあの大舞台でこなせたのでしょうね! 同じ医療系に所属している成田緑夢選手のお兄さんは有名な成田童夢さんでお姉さんが今井メロさんです。二人ともトリノオリンピックに出場してます。そしてお父さんはスノーボードコーチの成田隆史さん。まさにアスリート家族って感じです。成田緑夢選手は、1歳からスノーボードをはじめてます。オリンピック選手に選ばれるような人って、例外なくほんとに小さいときから、スポーツをしてますよね。スキージャンプの高梨沙羅選手も小さいときからジャンプ台を飛んでましたしね。卓球の福原愛ちゃんもですね~。

成田緑夢 平昌パラリンピック トランポリン 今井メロ 銅メダル

成田緑夢選手を襲った足切断とまで言われた事故の原因は

今回平昌パラリンピックに出場した成田緑夢選手を襲った事故ですが、原因はトランポリンです。

成田緑夢選手って、スノーボードのイメージしかないと思いますが、スポーツがかなり得意な選手です。

特にトランポリンが得意で、高校時代には、全国高等学校選手権に出場し、しかも男子の歴代最高得点をたたき出し、さらには最高難度賞を受賞するほどの持ち主なんです。

それ以外のスポーツでは、走り幅跳びやウェイクボードも得意です。ウェイクボードに関しては、全日本選手権で優勝するほどです。

そんなスポーツ万能な成田選手を襲った事故。それは2013年4月です。いつものようにトランポリンの練習をしていたのですが、体勢を崩して着地してしまったのです。これが重傷を負ってしまった原因です。練習中には足に重りをつけてトランポリンを飛んでいたようなのです。飛んでいる最中に体勢を崩したら重しの方へ体が向いてしまいますよね。

この大怪我でドクターは「歩けるまでになる可能性は20%、切断もあり得る」と話していたようです。しかし、今回の銅メダルです。メンタルとフィジカルが凄いです。

成田緑夢選手のパラリンピック出場までの戦歴がスゴイ

今回の平昌パラリンピックで銅メダルを獲得した成田緑夢選手ですが、これまでのに戦績が気になるところですね。
2013年、フリースタイルスキー選手権ハーフパイプで9位
2013年、フリースタイル世界ジュニア選手権ハーフパイプ優勝
2016年、全国障害者スノーボード選手権大会スノーボードクロス(下肢障害その他)優勝
2017年、IPCスノーボードワールドカップタホ大会スノーボードクロス優勝
2017年、IPCスノーボードワールドカップ平昌大会バンクドスラローム優勝
2017年、全国障害者スノーボード選手権大会スノーボードクロス(下肢障害その他)優勝

スゴイ戦績です。今回平昌パラリンピックでは銅メダルでしたが、まだまだ若い選手なのでこらからも頑張ってほしいです。
今後の成田緑夢選手の活躍に目が離せませんね。

今回は、平昌パラリンピックで銅メダルを獲得した成田緑夢選手について書いてみました。

最後までお読みいただきありがとうございます。