宇多田ヒカルに新恋人!若手ミュージシャンの年齢や収入国籍予想


先日日本の歌姫である宇多田ヒカルさんがイタリア人男性との破局を発表しましたね。

宇多田ヒカルさんと言えば、紀里谷和明さんと1度目の離婚後、2度目が先日発表してイタリア人男性との離婚です。

世間では、宇多田ヒカルさんが再婚していた事実さえ知らなかった方も多かったようです。

ですが、宇多田ファンとしては、幸せな生活を送ってほしいので、とても残念でした。

しかし、今回、離婚を発表したばかりなのに、新恋人との交際の情報が出ました。

なんとも複雑な感じです~。

そこで、今回は新恋人と噂される若手ミュージシャンのことについて少しみてみたいと思います。

イタリア人男性と離婚を発表した宇多田ヒカルのプロフィール

出生名:宇多田光

生年月日:1983年1月19日

出身地:アメリカ

学歴:コロンビア大学

職業:ミュージシャン・シンガーソングライター・編集家・音楽プロデューサー

活動期間:1998年~2010年・2016年~

宇多田ヒカルさんってもう35歳なんですね~。あの爆発的ヒットだったアルバム「First Love」が累計売上765万枚突破を記録してからもう20年近く経っているので、当然と言えば当然ですよね~。歌番組に出演の際、ダウンタウンのハマちゃんから「日本人なの~」って聞かれたりしてましたね。確かに、宇多田ヒカルさん本人って最初謎のミュージシャンって感じだったので、外見は日本人に見えたのですが、国籍不明な感じもありました…。

ハマちゃんで思い出しましたが、ハマちゃんの息子のハマ・オカモトさんもミュージシャンですよね。かなりの腕前の持ち主であの星野源さんとも親交が深いようです。浜ちゃんはお笑いの才能、そして息子のハマ・オカモトさんは音楽の才能ってところでしょね~。才能ある親からは、才能ある子供が生まれるんですね。

宇多田ヒカル 若手ミュージシャン 藤圭子 ハマ・オカモト 

新恋人若手ミュージシャンの年齢や収入国籍を予想

先日イタリア人男性のフランチャスコ・カリアーノさんと離婚を発表されたばかりですが、今度は新恋人との噂が流れましたね。宇多田さんは、最初の旦那さんが紀里谷和明さんで、二回目がフランチャスコ・カリアーノさん、そして今回の新恋人となるわけです。

そこで、今回の若手ミュージシャンのことについて予想してみたいと思います。

まず年齢です。

若手ミュージシャンとまで言われているので、20~29歳くらいではないでしょうか。30代は若手とはいえず、10代は若手過ぎるので、このあたりが今回の若手ミュージシャンの年齢かと予想できます。

次に収入です。

先日離婚したイタリア人男性フランチャスコ・カリアーノさんは無職であったなどと言われてます。確かにあれだけの売上があった宇多田ヒカルさんですから、印税だけで生活できるのでしょうね。でも、一家の大黒柱である夫が、無職と言うのは、いかがなものなのしょう。結婚当初は、愛が無職より勝っていたので良かったでしょうけど、時間の経過とともに、無職が愛に勝り、夫婦間に良くない雰囲気が出たのではないでしょうか。

そう考えると、収入がないと3度目も起きてしまうかもしれませんよね。若手ミュージシャンですので、それほど収入は高くはないでしょうけどね・・・。

最後に国籍です。

最初が日本人で、2回目がイタリア人、そして今回の3回目です。少なくとも日本人ってことはないでしょうね。ヨーロッパ圏のどの国でしょう。宇多田ヒカルさんは、現在も活動拠点を海外においてます。今後も音楽活動に力を入れていくことを考えると、音楽に活発な国、イギリスではないでしょうか。イギリス人若手ミュージシャンといったところと予想します。

若手ミュージシャンとの噂が流れた宇多田ヒカルの今後について

つい離婚を発表したばかりの宇多田ヒカルさんですが、今回若手ミュージシャンとの交際の噂が流れました。順調にいけば3回目の結婚となるのしょうね。でも、宇多田ヒカルさんのご両親である藤圭子さんと宇多田昭寛さんは7回の離婚をしてます考え方ですが、3回なんてまだまだ序の口みたいに見えてしまいますよね。完全の感覚が麻痺してしまってます(汗)

ご両親の7回の離婚を目の当たりしてきた宇多田ヒカルさんですが、そのあたりは真似をされず、幸せな結婚生活を送っていただきたいです。

今、宇多田ヒカルさんは音楽プロデューサーとして活躍されます。今月には、自身がプロデュースした新人アーティスト小袋成彬さんがアルバム「分離派の夏」を出す予定です。音楽活動同様に家庭も順調にいってほしいです。
今回は、宇多田ヒカルさんの新恋人と言われいる若手ミュージシャンについて書いてみました。情報が少ないため、予想が多いですが、新しい情報が入り次第更新していきますね。

それでは、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。