サイクリングの効果的な継続方法(3日坊主を防ぐ対策とは)

      2017/12/29


サイクリングを効果的に継続するには・・・。

忙しいサラリーマンが筋トレを習慣化するだけでも大変なのに+サイクリングを組み込むなんてできないって思う方も多いと思います。僕も実は、最初はそう思っていました。でも今はできてます。
そこで、今回は、「サイクリングの効果的な継続方法」について話したいと思います。

具体的な継続方法は、
余計なことを考えないで、着替えて乗るんです。

そんなこと?って思われる方が多いと思います。以前の僕もそう考えたと思います。
以前筋トレの記事でもご紹介しましたが、人って誘惑に弱い動物なので、なんだかんだ理由をつけてやらないのです。それは、サイクリングや筋トレに限らず仕事や勉強や宿題もそうですね。

小学校や中学校時代を思いだしてもそうです。疲れた、集中力がないなどの理由で宿題してませんでしたし、仮病使ってやらないこともありました。

仕事もそうです。気になって仕方ない仕事(→未着手案件)をやらないといけないのに、違う簡単で頭を使わない仕事ばかりやって、ぜんぜんやらないことってあります。
でも、宿題も仕事も一緒で取り掛かってしまうと案外サクサクできるもんなんですね。

サイクリングも一緒です。

余計なことを考えないで、着替えて乗るんです。

サイクリングの効果は以前お伝えしましたが、やはり疲れていて今日はやめようかなぁと思う時もあります。(→特にやり始めて1か月ほど経過し、少しあき始めたころ)。それでやめてしまうと結局継続できなくなってしまうのです。かなりもったいないです。自転車だけ飾ることになってしまいます。高い買い物なので、使わないでいると奥さんからも嫌なことを言われるかもしれません。
 
土日をサイクリングの日と決めたならば

起床→軽く食事→サイクリング

すぐに乗るんです。

理由をつけてやらなくなるので、それを阻止する意味で
余計なこと考えないで、着替えて乗るんです。

それだけです。
実践してみると効果あります。余計なこと考えないですぐ乗る。これを実践すれば、必ず継続できます。
ぼくも実践して、今でも継続して、楽しく乗れてます。
 
 

 - 未分類