川内優輝の高校時代や大学での成績は?働きながらの練習時間について


川内優輝選手が先日ボストンマラソンで優勝しましたよね~。

前回瀬古さんが優勝してから31年ぶりなんて言われてますから、ほんとに快挙ですよね。

そんな川内優輝選手って、公務員ランナーと言われ、選手と公務員の二足の草鞋でのこの成績です。

今回は、マラソン選手でありながら公務員でもある川内優輝選手についてみてみたいと思います。

ボストンマラソン優勝した川内優輝のプロフィール

名前:川内優輝 (かわうち ゆうき)

生年月日:1987年3月5日

出身地:東京都

身長:172㎝

体重:59㎏

西野朗の経歴戦術がスゴイ!本田や香川など海外組召集はあるのか?

ボストンマラソン優勝の快挙を遂げた川内優輝選手ですが、世田谷生まれの埼玉育ちです。川内優輝選手のお父さんは、高校時代には、国体にも出たこともあるアマチュアボクサー選手だったようです。

運動神経の良いお父さんからDNA、川内優輝選手に引き継がれているのでしょうね~。それにしても、ボストンマラソン優勝とはスゴイですよね。

川内優輝 ボストンマラソン 公務員ランナー 市民の星 瀬古 

公務員ランナー川内優輝の高校時代や大学の成績について

今回、市民の星であった川内優輝選手がボストンマラソンに優勝して大変な脚光を浴びてますよね。

そこで、公務員ランナーになる前の高校時代や大学の成績にちいて調べてみました~。

高校は、埼玉県春日部東高等学校です。

この時代の成績は、県大会レベルの選手だったようです。故障も多く、あまり良い成績を残せなかったようです。

大学は、学習院大学です。

この時代は、関東学連選抜の選手として箱根駅伝に出場し、2007年には6区で区間6位2009年には6区を3位の成績を残しています。

川内優輝の働きながらの練習時間が気になる~

川内優輝選手ですが、埼玉の定時制高校の事務職員として勤務されており、その定時制の時間割なのですが、

17:15~22:30までで時間割が定められています。

ですので、その前の時間をマラソン練習の時間にし、今回のボストンマラソン優勝をつかんだことになります。

大坂なおみのコーチ陣は誰?過去の実績や指導した選手を調べてみた

プロに転向され、ますます注目される選手になります。

今後の活躍が非常に楽しみです。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。