関口メンディーの野球部の成績は?始球式で133キロ出せた理由も


関口メンディーさんってご存知でしょうか~

そうなんです。

GENERATIONSのパフォーマーで、今大人気の関口メンディーさんです。

そんな関口メンディーさんが、先日行われた「巨人ー楽天」に始球式で、なんと133キロの球を投げたことから話題になってます。

そこで、今回は、そんな関口メンディーさんについてみてみたいと思います。


高校も野球部だった関口メンディーのプロフィール

名前:関口メンディー

別名:Monsta Twiggz MANDY

生年月日:1991年1月25日
出身地:アメリカ合衆国

職業:ダンサー

活動期間:2011年~

みやぞんの高校野球部の結果や成績は?入部を決めたきっかけは何?

そんな関口メンディーさんですが、ナイジェリアと日本のハーフのようです。母親が日本人で、父親がナイジェリアの方のようです。「関口メンディー」って芸名かとずっと思っていたのですが、実は本名でした。メンディーってあまり聞きなれないので、インパクトつける意味でも、芸名にして狙っていたのかなぁ~と思ってましたが、違いました。

関口メンディー 133キロ 野球部 

野球部の成績や、始球式で133キロも出せた理由が知りたい~

そんなハーフな関口メンディーさんですが、見てのとおり運動神経が抜群です

芸能人のスポーツ大会では、上位にランクし、また最近では、始球式で133キロの剛速球を投げましたね。

なかなか非凡な才能の持ち主ですね。

では、そんな剛速球の持ち主である関口メンディーさんの野球部での成績を見てみましょう!
中学時代は、東京の品川にある「鈴ヶ森中学校」では、関東の野球大会で2位の成績をおさめました。その後、郁文館高校では、2年生でありながら、レギュラーをとってます。ポジションは、サードだったようです。高校では、都大会で敗退とあまり実力を出し切れず、卒業したようです。

今回の始球式で133キロの速球が投げれたのは、関口メンディーさんの持前の筋肉のおかげです。

速球を投げるには、大きな筋肉を使うのが理想的と言われています。あの伝説の投手である桑田真澄さんも、「大きな米俵を投げるイメージ」だと話をされてました。

米俵を投げるには、米俵を抱え上げ、体重を後方にもっていき、その後前方へと移動します。この一連の動作で必要になってくるのが、大きな筋肉です。

そうなんです。関口メンディーさんは大きな筋肉をもっていたので、あのような速球が投げれたのです。


筋肉も売りなハーフ関口メンディーの今後

今回、始球式で133キロの速球を投げたことで、話題になってますが、本来はGENERATIONSのパフォーマーです。

ですが、関口メンディーさんって、芸人さんと同じくらいノリがよく愛想もいいので、ほんとに万人受けします。

もしかしたら将来、タレントとして活躍する日がくるかもしれませんよね。

手越祐也の大学や学部はどこ?中退した理由や優秀な高校の成績も

百獣の王関口メンディーなんて感じで・・・。

今回は、関口メンディーさんについて少しみてみました。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。