潜伏キリシタン関連遺産の場所はどこ?隠れと潜伏の違いって何?


潜伏キリシタン関連遺産ってご存知でしょうか~。

そうなんです。

お笑いコンビ・ナインティナインが司会を務めるバラエティー番組「ナイナイのお見合い大作戦!」の舞台が長崎県・五島列島です。

そんな五島列島は、潜伏キリシタン関連遺産でも有名なところですよね。

そこで、今回は、「潜伏キリシタン関連遺産」のことについてみちきたいと思います。


潜伏キリシタン関連遺産の場所ってどこ?

今回ご紹介する潜伏キリシタン関連遺産の場所なのですが、長崎天草地方です。

長崎は、ご存知長崎県になります。

また天草地方ですが、熊本県にあります。

そんな天草地方ですが、実は長崎県と隣接していて、そのような位置関係もあって信者間で共同体の意識が生まれたのかもしれませんね。

潜伏キリシタン関連遺産 隠れキリシタン ナイナイ お見合い大作戦! 

タモリ倶楽部で武田広から別人に声が変わった理由…交代劇の推測

潜伏キリシタン関連遺産ってどこのこと

潜伏キリシタン関連遺産ですが12あります。

原城跡(はらじょうあと)

平戸(ひらど)の聖地と集落(春日集落と安満岳(やすまんだけ)

平戸(ひらど)の聖地と集落(中江ノ島(なかえのしま)

天草の崎津集落

外海(そとめ)の出津(しつ)集落

外海(そとめ)の大野集落

黒島の集落

野崎島の集落跡

頭ケ島(かしらがしま)の集落跡

久賀島(ひさがしま)の集落

大浦天主堂(おおうらてんしゅどう)

奈留島(なるしま)の江上(えがみ)集落(江上天主堂とその周辺)

以上になります。


隠れキリシタンと潜伏キリシタンの違いって何?

歴史の勉強で「隠れキリシタン」ってよく耳にしてきましたけど、「潜伏キリシタン」ってあまり耳にしないですよね~。

そこで違いを調べてみました!

潜伏キリシタン…戦国時代から江戸時代にかけて、日本国内においてキリスト教が規制されるようになった結果、信者は強制的に信仰していたキリスト教を捨てるようになったようです。

そんな彼らが、見せかけで仏教徒になったようにし、陰で信仰を続けたのが「潜伏キリシタン」です。

隠れキリシタン…信仰が明治6年になって認められるようになったのですが、その後もカトリックに戻ることなく、自身の信仰を隠し、信仰し続けてきた人たちを「隠れキリシタン」と呼ぶそうです。

ナイナイのお見合い大作戦でまた脚光を浴びた「潜伏キリシタン関連遺産」です。

一度行ってみたい世界遺産の一つですよね。

夏汗が止まらない人必見…試してほしい効果的な対策5選はコレだ!

今回は、そんな潜伏キリシタンについてみてみましたが、いかがでしたでしょうか。

今日は、ここまでです~。

最後までお読みいただきありがとうございました。