横綱白鳳卑怯な張り手封印の結果休場!経歴や歴代優勝回数を調査


日馬富士問題で大いに揺れている相撲において、白鳳休場のニュース飛び込んできましたね。

最近の日本相撲協会は、芸能ニュースを騒がせています。

日馬富士に八角理事長、貴乃花親方、貴ノ岩、池坊議長とかなり濃い面々ですね。


白鳳関の経歴や成績について

四股名 白鳳翔(はくほうしょう)

本名 ムンフバティーン・ダワージャルカル

生年月日 1985年3月11日

身長 192㎝

体重 155キロ

成績

最高位 横綱

幕内最高優勝回数う 40回

賞 殊勲賞 3回

  敢闘賞 1回

  技能賞 2回

初土俵 2001年3月場所

趣味 読書・チェス・TVゲーム・ゴルフ

最高40回をほこる横綱ですから、大横綱の名に相応しいです。

白鳳、卑怯、張り手、横綱

歴代優勝回数について

第1位 白鳳 40回
    7連覇1回(2010年3月~2011年5月)
    6連覇1回(2014年~2015年3月)

第2位 大鵬 32回
    6連覇2回(1962年7月~1963年5月)
         (1966年3月~1967年1月)
    「巨人 大鵬 卵焼き」で流行語

第3位 千代の富士 31回
    5連覇1回(1986年~1987年1月)
    53連勝

第4位 朝青龍 25回
    7連覇1回 (2004年11月~2005年11月)
    引退に追い込まれた横綱。まだまだ現役続行は可能であった。
    相撲ファンには残念な引退

第5位 北の湖 24回
    5連覇1回(1978年1月~1978年9月)
    意外に5位でした。感覚的にはもっと上位かと思ってました。

第6位 貴乃花 22回
    4連覇(1996年3月~1996年9月)
    相撲ブームの立役者であり兄とともに「若貴時代」で輝く。
    最近では、違う意味で脚光を浴びてます。少々残念です。

第7位 輪島 14回
    テレビによく出る「団子」のほうではありません。

第8位 双葉山 12回
    5連覇1回(1936年5月~1937年5月)
    4連覇1回(1942年1月~1943年5月)
    69連勝

第9位 武蔵丸 12回

第10位 曙 11回
    格闘技に転身


休場する白鳳の張り手について

今場所白鳳は立ち合い時の張り手を封印してますが、その結果、3日目4日目と黒星を重ねました。

その後、負傷を理由に休場を発表しました。

横綱相撲とは、相手を受ける相撲のはず。

しかし、平成の大横綱白鳳の取り組みは、エルボーや張り手ばかり。

観ていても横綱の相撲とは到底思えない取り組みです。

しかし、反対意見もあり

エルボーや張り手をすることによって脇が開くので、相手がまわしを取れるチャンスが増え、勝つ確率があがるというものです~。

まわしを取ることさえできない対戦相手が悪いという意見である。

しかし、個人的には堂々と相手を受け戦ったもらいたいものです。

日馬富士引退、稀勢の里ケガ、白鳳休場なんて一体どうなってしまうのでしょうね~。

健全な相撲が早くみれるといいですね。

お読みいただきありがとうございます。