吉岡里帆は肉食系女子か!子供の頃に飲んでいたプロテインの効果とは


昨年もっともブレークした女優といっていい「吉岡里帆」さんですが、見た目のかわいらしさとは違い肉食系のようです。

ドラマ「ごめん、愛してる」で共演した長瀬智也さんとの間でも話題となった「ステーキハウス リベラ」で彼女の肉食系ぶりを発揮したようなのです。

吉岡さんが注文したステーキを番組内でペロリと平らげたのです。

大食いとまではいかないまでも、かなり見た目と食のギャップがありますね~。

そんな肉食系女子の吉岡里帆さんですが、実は、格闘技をやっていたお父さんより、強くなるようにと栄養補助食品のプロテインを飲まされたいたようなんです。

そこで今回は吉岡里帆さんも飲んでいたプロテインについて書きたいと思います。


大ブレークした吉岡里帆の作品について

吉岡里帆

生年月日:1993年1月15日
出生地:京都府
身長:157CM

主な作品
「あさが来た」
「カルテット」
「きみが心に棲みついた」

主な映画
「幕が上がる」
「明鳥」
「ハッピーウエディング」

吉岡里帆、肉食系、プロテイン、あまちゃん、ゼクシィ

幼少期に強くなるようにとプロテインを飲まされた吉岡里帆のこれまでについて

そもそも映像関係の会社を経営するプロテインを飲ませた父や母の影響により、芸術文化に触れながら成長したようです。
独学で芝居の勉強を始め、高校三年生からは俳優養成所に通い、自主映画にも参加するなど積極的な活動をしてました。
京都橘大学に進学するも演劇への夢を捨てきれず、自らの意思で小劇場の舞台にたつ。その後、東京の養成所と京都の大学とを行き来する生活をする。

その後、「あまちゃん」をはじめ多くのテレビドラマや映画オーディションに挑戦するも最終選考で落選が続く。しかしその後グラビアへ転向し、映画「明鳥」でヒロインに抜擢される。

宮藤官九郎脚本の「ゆとりですがなにか」に出演が民放連続ドラマ初となり、その後は4期連続でのドラマ出演を果たす。
ブレークの契機になったCMと言えば、結婚情報誌の「ゼクシィ」の9代目CMガールに抜擢されたことであり、その後数多くのCMで起用されるようになる。

幼いころからの夢を捨てずに追い求めた結果なのですね~。彼女の努力をしらない人からすれば、ゼクシィ起用でたまたまブレークと思われる方もいると思いますけど、実は弛まぬ努力の成果なのですね。


吉岡里帆も飲んだプロテインの効果とは

プロテインとは、英語でたんぱく質のことを指します。ホルモンや酵素などのもとにな重要な成分です。
現在市販されているをうまく活用すれば、健康や女性にとってとても重要な美容のための栄養の管理面が楽になります。

それでは、具体的に書きますね~。

ダイエット効果
パンやごはんなどに含まれる糖質と比べても、プロテインのたんぱく質の消化吸収はゆっくり進むので、飲んだ方はわかると思いますが、腹持ちがよく満足感を得ることが可能となります。

筋力向上効果
プロテインの本来の目的である。筋肉を成長させるための栄養補助を担います。もちろん、正しいフォーム、回数を守って筋トレをし、それにあわせて摂取しないと効果はありませんので注意してください。ですが、しっかり体に負荷をかけて、摂取すればかならず筋肉はついてきます。

美容効果
体のほとんどがたんぱく質で出来てます。ですので、たんぱく質を効率よく摂取できるプロテインをうまく活用することによって、若さや美しさを維持することが出来るのです。

プロテインをうまく活用することによって、以上のような効果を得ることが出来ます。
吉岡里帆さんが幼少期にプロテインを飲まされていたのは少しびっくりしましたけど、これを機会にあなたも筋トレにプロテインで健康な体を目指してみてはいかがでしょうか。過剰摂取などにより健康を害する場合もありますので、使用方法・容量はご注意ください。

肉食系となったのは幼少期のプロテイン摂取の効果なのかもしれませんね~。

吉岡里帆さんのこれからのご活躍期待大です~。

最後までお読みいただきありがとうございます。