山梨智也(天津飯)の結婚&職業、性格は?wiki風プロフ!【マツコ】


サンタです。

いつも私サンタのブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

今回気になったのは、いつも観ている

【マツコの知らない世界】出演の天津飯で話題になった山梨智也さんです。

山梨智也さんっていったいどんな方なのでしょう?

結婚や職業、そして性格なんかも超気になりした。

今回は、天津飯マスターの山梨智也さんについてみていくことにします。

ではさっそくみていきましょう~

スポンサーリンク

山梨智也さん(天津飯)は結婚してる?

今回

『マツコの知らない世界』出演で話題になっている

山梨智也さん

天津飯に心を奪われたと言っても過言ではないかと思います。

この山梨智也さんの天津飯にかける思いは半端じゃないですもんね。

番組をみていた方ならわかりますよね。

そんな山梨智也さんですが、私生活。

そうです。

特に気になるのが

結婚

しているかどうかです。

私サンタが今回の山梨智也さんをリサーチした限りでは、結婚されているような情報をつかむことはできませんでした。

最初のお話ししましたが、

天津飯愛がスゴイので、今は天津飯が彼女

ってことかもしれません。

でも、マツコの知らない世界の影響力って、これまたハンパないので

彼女やお嫁さんになりたい

って方からの連絡が来るかもしれないですよね。

天津飯より愛を勝ち取るのって、かなりハードルが高いような気もしますが・・・。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

山梨智也さん(天津飯)の職業(仕事)は?

山梨智也(天津飯)さんが、現在独身である可能性が高いとお話しをいたしました。

でも、先ほどのとおり番組に彼女やお嫁さんになりたい!って連絡が入るかかもしれないですね。

では、そんな山梨智也さんが現在どのような職業(仕事)についているのかが気になりますね。

調べてみました!

現在、山梨智也さんは

株式会社鈴与総合研究所で研究員として勤務する傍ら、

JR清水駅周辺の商店街活性化のために

「清水みなとまちバル実行委員長」

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

として活動されていて、イベントなどの運営をされる

パラレルキャリア

なんです。

ここで、パラレルキャリアとはどんなものか簡単に

本業をもちつつ、別の活動や仕事を行い複数のキャリアを築くこと

なんです。

でも今の時代は、けっこう当たり前のようになってきた感じがしますよね。

私サンタも電車通勤のサラリーマンでありながら、こうやって読者の方へ、ブログを発信出来てますからね!

スポンサーリンク

山梨智也さん(天津飯)の性格は?

では、山梨智也(天津飯)の性格ってどうなんでしょうね?

これまた、気になります。

テレビで視聴する限りでは、超いい人で温厚な印象です。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

でも、これだけの天津飯へのこだわりがある人です。

サンタが勝手に分析しますけど

かなりの負けず嫌いな性格なのではないでしょうか?

こだわりのある人の傾向って、やはり他の人より探求心があって、

その探求心って、他の一人より知りたい気持ちが強いんじゃないでしょうか?

他のひとより数多く知りたい・・・。

負けたくない・・・。

そんな性格なんじゃないかな~って思いました。

温厚ですが、秘めたる思いはスゴイって人ですよ。

山梨智也さん(天津飯)のwiki風プロフィール

山梨智也さんについてのプロフィールをまとめました。

名前:山崎智也

生年月日:1981年1月

出身地:静岡県清水市

高校:清水東高校

大学:清水県立大学食品栄養科学部栄養学科中退

   同大学経営情報学部再入学

   同大学食品栄養学科学部生命学科3年生編入学

最終学歴:静岡県立大学大学院食品栄養学博士

職業は、先ほどのとおり

株式会社鈴与研究所ですね。

また趣味が、天津飯以外には、ミュージックの「ゆず」、そして「清水エスパルス」のファンです。

彼女になったら、

天津飯を食べて、清水エスパルスの応援に行って、ゆずのライブDVDを自宅で鑑賞って感じでしょうか!

なかなかいいんじゃないでしょうか!

スポンサーリンク

まとめ

今回

【マツコの知らない世界】主演で話題になった

山梨智也(天津飯)について

・結婚

・職業(仕事)

・性格

・wiki風プロフィール

としてまとめてみました。

ほんとに【マツコの知らない世界】って面白いですよね。

引き続き、同ブログでは、気になったことや人などについて記事にしていきます。

では、今回はここまでとさせていただきます。

今日も最後まで私の記事をご覧頂きましてまことにありがとうございました。

また別の記事でお会いしましょう。

それでは~。