カーリング男子日本代表両角友佑の職業は?メンバーや世界ランキング他


平昌五輪がにぎわってますね。

スピードスケートの小平奈緒選手や高木美帆選手そしてノルディック複合では渡部暁斗選手も銀メダル、スノーボードハーフパイプでは強敵ショーン・ホワイト選手には惜敗しましたが平野歩夢選手も銀メダルを手にしました。

まだまだ今回のオリンピックは目が離せません。

これから非常に楽しみな競技にカーリングがあります。

そこで今回は、カーリング男子日本代表の中心人物であり両角祐佑選手やチームメンバー他について調べてみたいと思います。


両角裕佑選手のプロフィール 所属チームや学歴そして職業は?

名前:両角裕佑(もろずみ ゆうすけ)

生年月日:1985年1月16日

出身地:長野県

身長:177㎝

体重:78㎏

血液型:0型

所属:SC軽井沢クラブ

ポジション:スキップ キャプテン

カーリングっていろいろんなチームの優秀選手が得意なポジションで選出されているかと思っていたのですが、実はチームで代表に選出されるようなんですね~。知りませんでした~。かなりチームプレー重視なんですね。

SC軽井沢クラブに所属している両角選手ですが、選手として所属してますので、スポーツクラブの運営などにはあまり携わってないように思えます。オリンピック代表選手なんですから、普通に考えても競技ひとつに専念しますよね。

両角友佑 男子カーリング日本代表 世界ランキング 

カーリング日本代表男子他のメンバーの経歴や出身は?

実は両角友佑さんには弟がいます。両角公佑さんです。兄弟がカーリングをはじめたきっかけがは、地元である長野で開催された長野オリンピックのようです。長野オリンピックと言えば、ジャンプ日本代表で有名ですよね。原田さんに船木さんが特に有名ですね~。荻原兄弟も人気でしたね~。モーグルの上村選手や里谷選手も当時大人気でしたしね~。わたしは上村選手のファンでした(笑)

そんな長野オリンピック開催後に、開催地である地元でカーリング人気が起こったようです。特に日本のキーマン両角友佑選手は、日本ジュニア選手権では3度優勝するほどの天才プレイヤーです。今回の平昌五輪では要となって日本にメダルを持ち帰ってきてくれると思います。

そのほかメンバーですが

両角公佑選手

生年月日::1988年7月27日

出身地:長野県

山口剛史選手

生年月日:1984年11月21日 

出身地:北海道

学歴:青森大学

山口選手は、チーム内で一番カーリング歴がながく始めたのは小学3年生のときからです。

清水徹郎選手

生年月日:1988年2月10日

学歴:駿河台大学


両角兄弟率いるカーリング日本男子の世界ランキングが気になる

現在にカーリング日本男子の世界ランキングは第8位となってます。

ですが、今回の平昌五輪では世界ランキング3位のノルウェーを破ってます。

試合後のコメントも頼もしかったです~。

両角友佑選手「自分が投げればチームを救えるし、流れを引き寄せることもできる。」と。

なかなか言えないコメントです。

この好調子のまま白星を取り続けてほしいです。今回は平昌五輪カーリング日本男子の両角兄弟やメンバーそして世界ランキングについて書いてみました。好調の日本勢にさらに追い風になってもらうよう頑張ってほしいです。

頑張れカーリング日本男子!

頑張れニッポン!

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。