郷亜里砂の妹真璃那がかわいい!別海出身や高校大学や彼氏&家族構成他


平昌五輪が熱いです。

先日14日行われた女子スケート1000Mで、小平奈緒選手が銀メダル、高木美帆選手が銅メダルを獲得しました~。

小平選手には、「金メダルを取ってほしかった!」が日本国民の声かと思います。

スタートがアウトでなければ、途中スケーティングで足を氷にとられなければ・・・と思うと悔しい気持ちがこみ上げてきます。

テレビを目の前にして、なぜは旗など持ってもいないのに、エアーフラッグ?をやって応援してました~。

小平奈緒選手に注目が集まってますが、500Mには郷亜里砂選手も出場します。

そこで、今回は郷亜里砂選手やかわいい妹さんについてみていきたいと思います。

かわいい郷亜里沙のプロフィール(出身・高校大学)

名前:郷亜里砂(ごう ありさ)

生年月日:1987年12月12日

出身地:北海道

身長:160㎝

体重:54㎏

大学卒業後、国体要員として所属を変えたようです。成績向上のために筋力強化にも取り組み、今季ワールドカップでは開幕戦で3位となり順調そうです。筋力強化と言えば、小平選手もオランダ留学をされ、体の構造を一から学びなおし、肉体改造をしました。1500Mでは惜しくも負けてしまいましたが、その努力の成果はかなりあったと思います。

高木美帆選手も中長距離選手として相当優秀ですよね。彼女ももちろん筋力強化をしてますね。一生懸命努力している姿って本当に素敵ですね~。

郷亜里砂 小平奈緒 高木美帆 平昌五輪 スピー女子500m かわいい 妹

郷亜里砂の妹郷真璃那がかわいい!家族構成など

郷亜里砂選手の家族ですが、父の季良さん、母の和代さん、兄の和宏さん、そして妹の真璃那さんの5人家族です。亜里砂選手がかわいいので妹の真璃那さんもきっとかわいいと思います。

郷選手は酪農で有名な北海道の別海町の出身です。1994年のリレハンメル五輪の際、同町の楠瀬志保さんが6位入賞するのを観て、「別海町からも五輪選手が出るんだ。私も頑張ろう」と胸に刻み、そこからスケートへのスイッチが入ったようです。

郷亜里砂選手は小学1年生から氷上に立ちはじめ、経験者で娘の才能に気づいた父が「フォーム」を徹底させたのが、オリンピック選手にまで成長することになる足掛かりだったかもしれません。此の親にして此の子ありとは、こういうことなのでしょうね。

娘の才能に気づく能力もまたスゴイ能力です。

郷亜里砂選手の所属や出身校そして彼氏が気になる~

まず郷選手ですが、愛媛ではなく北海道出身です。学歴は別海西春別中学、私立白樺学園高校、山梨学院大学を卒業されてます。山梨学院大学は、箱根駅伝などで外国人留学生のランナーで有名ですよね~。愛媛出身の話が出るのは、現在愛媛の国体強化選手でイヨテスピードスケートクラブに所属しているせいもあって、出身を愛媛と勘違いされた方がいたのではと思います。

かわいい郷亜里砂選手の彼氏についてですが、今のところ情報はありません。今はオリンピックなので競技に専念しているのかもしれませんね。ご結婚の情報もありませんでした。

今回は、スピードスケート女子代表の郷亜里砂選手とそのご家族他についてみてみました。

小平奈緒選手に注目が集まっていますが、日本には小平選手以外にも郷亜里砂選手という素晴らしい選手がいます。

スピードスケート女子500Mが非常に楽しみです。

頑張れ郷亜里砂選手!

頑張れ日本!

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。