加村一馬(カムラカズマ)のwiki、現在の住まいや職業、収入は?(激レアさん)


サンタです。

いつも私の記事をご覧になてっていただきまして誠にあるがとうございます。

さて今回は、私サンタが大好きで視聴している

「激レアさんを連れてきた。」

で話題な方をみていきます。

なんとこの方は、

13歳で家を飛び出したら、そのまま飛ぶ出しっぱなしで43年間野山で原始人生活をしていた人

加村一男(カムラ カズマ)さんです。

そこで今回は、そんな加村一馬さんについて

・wiki・現在の住まい・年収・職業

などが気になりました!

みていくことにしましょう~

スポンサーリンク

加村一馬(カムラカズマ)さんのwiki

43年間もの間野宿生活をしていた加村一馬さん。

スゴイです!

と言いますか超人です!

そんな加村一馬さんのwikiをみてみましょう~

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

【wiki】

名前:加村一馬

読み方:かむら かずま

生年月日:1946年8月31日

年齢:74歳(2020年4月現在)

出身地:群馬県大間々町

43年間もの間野宿せいかつをしていたなんて、本当に信じられないですよ。

なんか架空のつくり話なんじゃないの?って思ってしまいます!

ですが、ほんとうに43年もの間野生せいかつをしていたんです。

野生せいかつをはじめることになったきっかけなんですけど

両親から逃れるため

が理由だったそうです。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

それで13歳の時にサバイバルせいかつを始めたんです!

家族は大家族で8人きょうだいだったそうです。

親から逃げるためのサバイバルせい生活ってなんとも考えさせられるますよね。

加村一馬さんは、かなり家庭内で虐待をうけていて、それが嫌で嫌で仕方なかったのです。

自分を守るために、野生せいかつの道を選んだんです。

スポンサーリンク

加村一馬さんの現在の住まいや職業は?

そんなサバイバルせいかつを43年もやっていた

加村一馬さんですが、

現在の住まいや職業が気になります。

いったいどんな住まいなんでしょうね?

まだ洞窟?

いえいえ、今は自然の住まいではなく、人工的な住まいです。

加村一馬さんが現在住んでいるのは

障害者施設の離れ小屋

とのことでした。

離れ小屋って響きがなんともって感じはするんでけど

以前の洞窟に比べたら、ずーーと素敵で快適な住まいであることは確かですよね!

では加村一馬さんの現在の職業ですが、

現在は

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

施設の用務員

としてさまざまな仕事をされています!

具体的には

・ブルーベリー畑の管理

・ブルーベリー畑の柵づくり(いのしい対策)

・草刈り

・車止めのコンクリート固め

・ブルーベリー販売用のあずま屋づくり

加村さんの画像でもわかりますけど、かわいいおじちゃんって感じですよね。

私サンタが小学生だったころにも、学校の用務員のおじちゃんって加村さんみたいな方でしたね!

なんか親近感が勝手にわいちゃいました。

スポンサーリンク

加村一馬さんの収入は?

ブルーベリー畑の管理などの仕事をされている

加村一馬さんですが、

以前の野生せいかつでの収入は当然0円でした。

では、現在施設の用務員として勤務されているときの収入が気になりました。

加村一馬さんが任されているブルーベリーの年間の売上が

70~80万円のようなんです。

けっこいいい売上ですよね。

では、そんなブルーベリー畑担当の加村一馬さんの年収ですが・・・。

本人の口からは公表されてません・・・。

推測になってしまうのですが、

施設からは

・住まいの提供

・光熱費の補助

など受けているのでないかな~って思いもします。

ですので、月の収入はそれほどもらっていないような気もします。

ですが、今回の

「激レアさんを連れてきた。」

などのようにメディアへの露出のたびに出演料が発生していると思います。

出演や取材のたびに収入はありそうですね。

具体的な月収はわかりませんが、そてほどもらっていないのかな?の結論です!

このあたりは新規で情報入手しだい記事追記していきますね。

今回、

激レアさんを連れてきた。

で話題になった

洞窟おじさんこと加村一馬さんについて

・wiki・現在の住まい&職業・年収

などについてまとめてみました。

今後も「激レアさんを連れてきた。」の気になる方について記事にしていきますね。

ここで、「激レアさんを連れてきた。」の中で私が気になる方の記事をまとめてます。

ぜひチェックしてみてくださいね♪

では、今日も私サンタの記事を最後までご覧になっていただきありがとうございました。

また別の記事でお会いしましょう。

それでは~。