三上真奈の結婚相手は誰(画像)?勤務先や年収調査!【ノンストップ】


サンタです。

いつも私のブログまできていただきましてありがとうございます。

さて今回は私サンタにとって衝撃的なニュースが飛び込んできました。

なんと、あの三上真奈アナが結婚!

をされてしまったんです。

「ノンストップ」で三上アナを観ていた私にとっては、かなりのロス感は出てます・・・。

ですが、幸せなニュースなので、嬉しい気持ちもあります。

そこで、超きになるのが、三上アナの結婚のお相手ですよね!

いったいどんな方なんでしょうね。

今回はそのあたりをみていくことにしますね。

ではさっそくみていきましょう。

スポンサーリンク

三上真奈アナの結婚相手は誰(画像)?

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

いや~それにしても、急に三上アナが結婚なんて、びっくりです。

三上アナの印象ですが

・知的

・清楚

・笑顔

なんてではないでしょうか?

そんな三上アナに好印象をもっている視聴者の方々ってかなり多いと思います。

当然世の男性陣からしても憧れのアナウンサーではありますが、女性からも好印象だと思います。

だって、笑顔が素敵で、たまにおっちょこちょいなところもあって、でも知的な人。そして気遣いのできる方なんです。

ノンストップをみていると、素敵な方ってことはすぐにわかります。

では、そんな三上真奈アナの結婚のお相手で超気になります。

ニュースでは一般の会社員で30代と言われてます。

そんな旦那様の画像です。

画像については、いまだ入手出来てませので、情報入手次第追記していきますね。

でもですよ、三上真奈アナの旦那さんです。

絶対イケメンじゃん

美男美女のカップル

いいですね~。

情報入手しだい追記しますね。

でもぜったいイケメンですね・・・。

三上真奈アナのご実家についての記事もぜひチェックしてみてくださいね。

三上真奈アナ結婚お相手の勤務先や年収調査!

では次にお相手の方の勤務先や年収です。

ここについて情報公開されていないので現段階ではあくまで推測になってしまうのですが!

【勤務先】

・テレビ局

・広告代理店

・スポーツ関係の会社

のどれかが濃厚のような気がします。

ノンストップのMCをされているので、その関係もあって、広告代理店のような気がしますけど。。。

そうなると【年収】も気になります。

広告代理店の30代の年収となると、やはりサラリーマンのあこがれである

1000万

は超えてますね。

三上真奈アナも売れっ子アナでアナとしての経験年数もあるので

そんなお二人の収入ってなると

なんと2000万はこえてしまいますね。

あくまで推測なので違っていたら、すみません・・・。

でも、高収入家庭になるのは間違いないです。

美女な奥さんと結婚するお相手の旦那さん。

仕事もますます頑張れますよね。

しかも、三上アナと結婚したなんて、社内ですぐに広まるので、さらにモチベーションあがってガッツリ仕事されるなんじゃないでしょうか!

スポンサーリンク

三上真奈アナのwiki

ではここでそんな幸せいっぱいな三上真奈アナのwikiをみていきましょうね。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

【wiki】

名前:三上真奈(みかみまな)

愛称:ミカパン、おふざけお姉さん

生年月日:1989年4月7日

年齢:31歳(2021年1月現在)

出身地:東京都中央区

血液型:O型

最終学歴:早稲田大学商学部

勤務局:フジテレビジョン

部署:編成制作局アナウンス室

活動期間:2013年~

今回結婚をされた三上真奈アナですが、早稲田大学商学部を卒業されている外見だけじゃなくて頭脳も明晰な方なんです。

美女で頭もイイなんて、完璧ですよ。

しかも、お父さんの仕事の関係もあって

・台湾

・香港

・上海市

で2歳から12歳まで過ごし、高校生の時には、アメリカのネブスカ州に留学しているんです。

国際派アナなんです。実は!

三上アナって姿勢がいいですよね。

それって、バレエが得意で、なんと

第29回香港国際バレエ・コンクールで銅賞の実積の持ち主でもあるんです。

バレエをされていたので、姿勢も綺麗なんです。

素敵な方なので、なんでも素敵に見えてきます・・・。

スポンサーリンク

今回結婚を発表された

三上真奈アナについて

・結婚相手は誰(画像)?・勤務先や年収調査!wiki

などを記事にしてみました。

今回はここまでとさせていただきます。

記事中現在リサーチ中のものは情報入手しだい記事にしていきますね。

では今回はここまでとさせていただきます。

今日も最後まで私の記事をご覧になっていただきまして誠にありがとうございます。

ではまた別の記事でお会いしましょう。

それでは~。